【すべて公開】初心者がクラウドソーシングで案件を初受注できた提案文

はじめまして。リュウトと申します。

クラウドソーシングで案件を獲得したいけど、どんな提案文を送ったらいいんだろう。 超具体的に知りたい!

こんな方向けに解説していきます。

✔︎記事の内容

・ほぼコピペで使える提案文 & 案件が取れるための考え方

✔︎記事の信頼性

記事を書いている僕は、プログラミング歴1年ほどですが、

15件提案文を送って初案件を受注できました。

元エンジニアのマナブさん(@manabubannai)、Hiko_Proさん(@Hiko_Pro)の提案文の特にいい部分を組み合わさせて頂きました。(下記の記事を参照)

案件が終了し、正式に振り込まれたツイート↓

✔︎前置きメッセージ

本記事は、「これから案件に応募しようと思ってるけど何を書いたらいいんだ?」と考えている方向けに書いています。

この記事を読むことで、ベテランの方にも負けない強い提案ができるようになります。

「とにかく1件でも受注する」と思っていた僕には初めてお金が振り込まれた時にすごい達成感がありました。是非皆さんにも同じ気持ちになってほしいので包み隠さず公開していきます。

その前に:提案文を送る上で必要な考え方

その前に、提案文を送る上で必要な考え方があり、それは

「最初から稼ごうとしないこと」です。

最初のうちはとにかく実績作りが大事なので、「クライアントさんが喜んでくれるように」という気持ちで取り組みましょう。

ほぼコピペで使える提案文

※何度も言っていますが、マナブさん、HikoProさんを参考にしてます。

まずは序文です。

①あいさつ

はじめまして。池田隆人と申します。
現在は大阪府を拠点にWeb系フリーランスをしています。

始めに本名+所在地を書くことで信頼アップに繋がりますので、なるべく書くようにしましょう。

※見やすさが重要なので、大学名などの不必要な情報は入れない方がいいと思います。

②本文

コーディング歴は2年ほどあり、

※重要

また、納期は〇〇以内で可能です。

過去の制作実績は下記のとおりです。
http://chuburogu.xsrv.jp

本文では、「この人なら任せれる」と思わせることが大事です。

※重要 の部分でクライアントの求めていることを「できる」と伝えましょう。

例)なるべく早くしてほしい →  すぐに着手できることを伝える

→現在は手が空いており、デザイン等頂ければすぐに着手可能です。

例)修正してほしい → 途中経過の物を丸投げしても大丈夫と伝える

→途中経過のものを一式頂ければコードを見ながら修正していきます。

そして、証拠としてポートフォリオ・実績などを載せましょう。

③付加価値

フリーランスとしては駆け出しということもあり、下記の対応をいたします。
・テキストが必要になった際の文章作成サポート
・追加ページ(3ページ以内)の無料対応

ここでは、自分を選んだ際のメリットを伝えます。

「できる」だけでは、ベテランの方に実績で負けているのでほとんど採用されません。

なのでクライアントが欲してそうな付加価値をつけることが必要です。

例)独立したてのクライアント

→予算より安く承ります。

※1ページのサイト制作などで追加ページ対応などを書いても「こいつ読んでないな」と思われるので、付加価値をつけまくるのは控えましょう。

④ビジネスマナー

その他、
・納期は厳守する
・挨拶はしっかりする
・レスポンスは早くする
これらの基本的なビジネスマナーは徹底しておりますので、お互い気持ちのいいビジネス関係を築けたらと存じます。
何卒よろしくお願い致します。
池田

最後は受注後に連絡が遅いなどの心配を無くすために基本的なマナーを敢えて書いています。(たまに非常識なワーカーもいるので)

まとめ:とにかく応募

上記の提案文をコピペして、本文と付加価値のところだけ変えればいいので、とにかく応募しましょう。恐らく30件応募しても採用されないこともあります。

この記事を見ている方は、案件が受注できるレベルまで努力をしている方だと思いますので、最後のひと息を頑張りましょう!

補足:個人的に相談したい方などはTwitterでいつでもお待ちしてますので、気軽に相談してくださいね。→@chuburogu

参考サイト

実績0の僕でもクラウドワークスで案件受注できた提案文を大公開!
クラウドワークスやランサーズで、実績が0だが案件を受注しようと提案文を沢山送っているがなかなか受注する事ができない。。。何がだめなのか、提案文の書き方がだめなのか、それとも実績のない僕、私には無理なのか、実績0でも案件を受注できるコツを教え
タイトルとURLをコピーしました