学生でプログラミングを独学する方法まとめ

こんにちは、リュウトです。

今回は、

学生のうちにプログラミングを習得しときたいけど、独学で可能なの?

どんな独学の仕方をしたら良いかわからない。

そんな疑問に答えていきます。

この記事の内容

・プログラミングの良い独学方法

・稼ぐために必要な勉強時間

他の方の記事などで、独学はやめた方が良いという意見もありますが、現在独学のみで稼いでいる人もいますし、スクールに通うことで効率は上がりますが、独学でも十分大丈夫です。

中学生の僕でも理解して扱うことができているので、学生の皆さんでも理解できる思います。

稼ぐために必要な勉強時間については、実際に稼いでいる人の意見を参考にさせていただいています。

プログラミングの良い勉強法方

結論から言うと、

・基礎が終わったらすぐ応用へ

・作りたいものを考えておく

・書籍で応用

の2つです。

基礎が終わったらすぐ応用へ

基礎の勉強法方はProgateさんやドットインストールさんなどがオススメです。

一部有料もありますが、1ヶ月1000円程度なので、その間に習得してしまいましょう。

プログラミング以外でも言えることですが、基礎ばかりやっていても仕方がないので、「ある程度理解したけど、書き方はあまり覚えてない」レベルで大丈夫です👌

普段勉強をやっている身からすると書き方を覚えないとスッキリしないと思いますが、プログラミングはカンニングし放題なので暗記はやめましょう。

しかし、独学サイトは応用より基礎の方が多いので、応用の場合は、自分で作りたいものを考えるか、書籍に頼る方法があります。

まずは自分で考える方から解説していきます。

作りたいものを考える

これは応用をするときにとても大事になってきます。

実際作るときにいろんな壁に当たるので、自分の作りたいものならモチベーション維持にもつながります。

歩いている時などに作りたいものを考えてみましょう。

それでも思いつかない場合は、家族や友人になにか作って欲しいか聞いてみるのも良いと思います。

書籍で応用

習得したいものが明確に決まっているのであれば、書籍を利用してみましょう。

例えば、「pythonの機械学習を学びたい」など、その言語の中でさらにやりたいことも決まっているなら書籍を利用する方が早く習得できます。

ただ、あまり古いものを選ぶと今使える技術より劣る可能性があるので、レビューなども見ながら買いましょう。

書籍もほとんどが基礎のものが多いので間違って買わないように気をつけてください。

稼ぐまでに必要な勉強時間

これは環境によっても変わってくるので、まずはクラウドソーシングなどで案件があるものから。

HTML/CSS

200時間 1〜5万円(一つの案件)

案外少ない勉強時間でできますが、あまり稼ぐことはできません。

HTML/CSS/Bootstrap

400時間 1〜9万円(一つの案件)

HPの製作ですね。デザインも含めての案件が多いのでデザインができる友人などをイベントなどで探してみると見つかると思います。

HTML/CSS/jQuery/WordPress/Bootstrap

600時間 10〜30万(一つの案件)

かなり良い案件です。早い人だと2日でできてしまうものが結構あります。

次は、pythonやjavaなどで、会社に務める場合は

python

300時間〜 月45万

機械学習やスクレイピングなど色々あるので、一概には言えませんが平均はこのぐらいです。

java

500時間〜 月45万

主にアプリ開発などの仕事が多いです。習得時間はpythonより多め。

C

200時間〜 月40万

かなり昔の言語ですが、処理速度が早いので今でも使われています。

Ruby

600時間〜 月45万 

少ないコードで書くことができますが、習得時間は少しかかりそうです。

稼ぐまでにかかる時間まとめ

今紹介した習得時間は超最低ラインなので、そこからスタートだと思ってください。

学生でプログラミング独学をする方法 まとめ

いかがでしたか?プログラミングの独学方法や各言語の稼ぐまでに必要な時間がある程度分かったと思います。

エラーに何回もぶち当たってモチベが下がる時もあると思いますが、どんな人も同じ状況になったので決して凹む必要はないですよ☺️

それではまた。応援してます☺️

タイトルとURLをコピーしました