プログラミングの応用例【基礎が終わった後にすること】

こんにちは、リュウトです。

基礎学習は終わったけど次に何をしたらいいかわからない…

こんな悩みに答えていきます。

ブログの内容

基礎が終わったあとの間違った勉強法

プログラミングの正しい応用方法

僕も、基礎が終わったあと何をしたらいいのかわからないまま勉強していました。

今となってめちゃくちゃ無駄だったな。と思うことがたくさんあります笑

正しい勉強法はほとんどのエンジニアさんが言っているので是非参考にしてみてください。

間違った勉強法

一覧にしてみると

・暗記する

・何度も基礎をする

・コピペばかりする

・自分で考えない

の4つです。

暗記する

学校の勉強は暗記は大事ですが、プログラミングは暗記し放題なので大丈夫です🙆‍♂️

if文やfor文の書き方を忘れても調べればいいだけなので暗記するなら他のことに時間を使いましょう。

何度も基礎をする

基礎はハッキリ言って本番前です。

基礎が終わって自分でコードを書いてやっと本番です。

よくSNSで「Progate〇周した!」など言っている人がいますが、全く意味がないのでやめときましょう。

コピペばかりする

コピペばかりしてると基礎がどんどん忘れてくるので、逆に効率が悪くなってきます。

手を動かす練習と思ってなるべく自分で書くようにしましょう。

自分で考えない

ググれば情報は出てきますが、これだと成長しないのでまずは自分で考えましょう。

学校の勉強でも同じように、問題を解く→答え合わせ の順でやりましょう。

プログラミングの正しい応用方法

こちらもまず一覧にすると

・今あるサービスをコピーする

・とにかく書いてみる

・エラーをしっかり読む

今あるサービスをコピーする

基礎が終わったからといっていきなりサービスなどを作るのは難しいと思います。

なので既に出ているサービスを自分なりにコピーしてみましょう。

途中で詰まってもコードは乗っているので効率よく勉強できると思います。

とにかく書いてみる

作りたいものを作るにあたって、何からすればいいのか分かりませんよね。

なのでとりあえず書いてみましょう。それで思った通りに動かなければググるなどして次に生かしましょう。

エラーをしっかり読む

エラー嫌ですよね笑

一件何を書いてるか分からないと思いますが、しっかりと読んでみると親切にどこが間違っているか教えてくれてます。

大体英語で説明しているのでグーグル翻訳して確認してみてください。

基礎が終わった後にすること まとめ

いかがでしたか?

応用はエラーや自分で考えたりと、つらいことが多いですが、

いざ作り上げた時の達成感は最高なので是非みなさんも頑張って作ってみてください。

ではまた☺️

タイトルとURLをコピーしました